Home→Toner

リサイクルトナー

オフィスにあるもので、リサイクルできるものといえば、コピー機のトナー、レーザープリンタのトナー、レーザーファクシミリのトナー、インクジェットプリンタのインク、孔版印刷機のインクボトル…などが挙げられますね。

両面コピーや節電節水と経費削減にせっせと取り組んでいる私達の目の前に、ある日職場の人が「リサイクルトナー」を持ってきたのです。「これいいんじゃないですか?」っていう感じで。なんだこれはと全くリサイクルトナーについてわからなかった私ですが、いろいろ説明を受けて「これはいいかもしれない!!」って思いました♪そのリサイクルトナーを作っている企業にもよるんですが、おおよそ60%くらい安くなるんですよ、エコならリサイクルトナーが一番向いてもいますしね^^そして物は試しで使ってみたら、新品とあまり大差なく使えて質もよかったです。リサイクルトナーと聞くと、どうしてもかなり品質が落ちると思っている人も多いと思いますが、そうでもないですよ♪実際、一昔前までは、リサイクルトナーの質が悪く、使い終わったトナーを分解せずに、またトナーだけを詰めて出荷しているような悪質な業者もありましたが、今ではそのようなことも殆ど無くなったようです。
どうでしょう?これを機に、リサイクルトナーを導入しませんか?

こちらではリサイクルトナーのことをご紹介します♪

リサイクルトナーのメリット

業務用レーザープリンタ、業務用のコピー機は、リサイクルトナーの種類も豊富です。なにより純正の約半額という価格が大幅な経費削減につながります。リサイクルトナーの種類も、さまざまなタイプが揃っています。
インクジェットプリンタも、OEM製品や互換のあるインクカートリッジが販売されています。
ファックストナーも、トナーを使うタイプならリサイクルトナーが使用できます。
リサイクルトナーを活用すれば、オフィスから発生するゴミを減らし資源の有効活用・廃棄物の削減に貢献できます。さらに、新品同等の印字品質なのに価格は新品よりも圧倒的に安く大幅な経費削減が可能になります。

リサイクルトナーの価格

リサイクルトナーは部品を再利用するためコストが少なく、定価の半額くらいで買えます。そのため、リサイクルトナーは他の格安商品と比べても比にならない価格になっています。

あくまでも目安なのですが、メーカー定価の値段で10000〜20000円のトナーが、リサイクルトナーだと5000〜10000円となります。リサイクルトナー業者によって違いますので、詳しくはネットで調べてみて下さいね♪

リサイクルトナー業者の選び方

トナー販売会社の多くはインターネットで販売しているのですが、ネットショッピングはいろいろと危険が多いことがありますので、その危険を避けるためのポイントを解説します。
ネットショッピングで不安なのは、商品や代金に関するトラブルではないでしょうか。そんなトラブル防止に役立つ「特定商取引法に基づく表示」を覚えておきましょう。



インターネットを利用して、一般消費者が行う電子商取引は、「特定商取引に関する法律(昭和51年法律第57号)」
第2条第2項の「通信販売」に該当します。 「特定商取引法」ではトラブル防止のため、販売業者に対し販売条件等の表示義務を定めています。
(法第11条、省令第8条)  1. 販売業者名(個人は屋号又は氏名)
  2. 所在地(本社、事務所)
  3. 代表者又は業務責任者氏名
  4. 連絡先(電話番号、FAX、E-mailアドレス)
  5. 商品代金以外の必要料金
  6. 商品等の引渡し時期
  7. 返品・交換について
  8. 不良品について
  9. 支払い方法 この9項目が表記されていないサイトから注文するのは避けたほうが良いでしょう。

recommend

最終更新日:2015/8/20

↑Top

Copyright© Spending cut idea collection. All Rights Reserved.