Home→Paper

再生紙

リサイクルは経費削減と同じと何度か言っていますが、経費削減を主観にするのではなく、環境問題を考えるということを主観にしてみたらどうでしょうか??経費削減をするというよりも、エコロジーを実践していると思えば気持ちもよくなると思います。
こちらでは再生紙のことをご紹介します♪

再生紙とは?

再生紙は私の職場でも使用していたのですが、再生紙の起源は「公害」や「地球温暖化」「オゾン層の破壊」等その地域だけで解決できない問題がたくさんあることがわかり環境保護(エコロジー)運動が広がったことです。その一つとして森林資源節約の為、古紙回収の促進と再生紙の積極利用が望まれています。
再生紙とは、原料に古紙を配合して製造された紙のことです。しかし、配合率等の明確な定義はまだありません。古紙が1%の配合でも再生紙と言うことはできますが、エコマークを取るためには70%以上の配合率が必要です。またグリーン購入法によっても古紙配合率70%以上が推奨されています。
従来は新聞紙、段ボール、板紙、トイレットペーパー等への利用が主でしたが、最近では環境に対する意識の高まりもあり、書籍や雑誌、文具、OA用紙等への利用も増えています。
わが国の古紙利用率は現在60%をこえ、世界でもトップクラスです。しかし、再生紙に関してこれまで 白色度が弱い(通常の用紙に比べてやや黒ずんでいる)、強度が弱いというようなデメリットが言われてきました。しかし、日々の改良によって、再生紙の品質も向上していますので、是非使ってみてください。

再生紙が黒ずんでいるのは、原料となる古紙の中に印刷された用紙も含まれているからです。再生紙を作る際にはこれらに漂白をかけるのですが、それでも綺麗なチップから作る用紙と比べると不純物の色が反映されてしまい、表面が濁った色に見えてしまいます。ですが、近年では漂白技術も向上し、通常の用紙と比べて殆ど遜色のない再生紙も増えてきています。

また、紙は原料である木材の繊維が複雑に絡み合って構成されています。再生紙は古紙を再配合するのですが、その際に一度繊維をバラバラ壊してしまいますので、どうしても強度が落ちてしまいます。こちらも日々改善は加えられているそうです。

エコマークって?→

再生紙の作り方

再生紙を作るには、まず一度使用された紙(古紙)からパルプを作ります。
古新聞や古雑誌などの古紙を、パルパーという大きなミキサーのような機械で、温水や薬品といっしょにかき混ぜて溶かし、紙の繊維とインク、プラスチックなどの異物を分離します。
次に、フローテーターという機械で、泡にインクをくっつけて浮上させ、取り除きます。
そしてスクリーンという機械で異物を取り除きます。
こうして残った紙の繊維を洗ってパルプ(古紙パルプ)ができあがります。
この「古紙パルプ」と木材から作る「木材パルプ」とを混ぜたものが、再生紙の原料になります。ここからあとの作り方は再生紙も普通の紙も同じ方法です。

古紙を紙の原料として使えるようにするには回収し、分別して梱包するなどの費用が発生します。古紙は街の森林資源と言われるように主に都市で発生しますが、それを使う製紙工場は遠く離れた地域にあり、運ぶのに運賃もかかります。さらに、古紙パルプを作る設備は木材パルプを作る設備より少ない費用ですみますが、それでも新しく作るとなるとかなりの費用がかかります。
そのため製紙会社では、新たに紙を作る機械を増設する機会に合わせて古紙パルプ設備も増設して、古紙の利用拡大につとめています。そして、一部の紙に多くの古紙を使うだけでなく、いろんな紙に使われる古紙の量を少しずつ増やす、あるいは白さが欲しい紙に無理して使うよりも、白くなくてもいい紙にたくさん使うなど、工夫しだいでもっと多くの古紙を使えることになるでしょう。

古紙100%は環境に優しくない

市中で回収された古紙が再生されるまでには、脱墨、漂白、加熱、乾燥などの過程を経るため、数回再生利用すると繊維が細かくなり弱くなって、再生することができなくなります。紙のライフサイクルを考えると、全ての紙を平均して古紙の最大配合割合は60〜70%が最適で、残りは新しい原料でまかなう必要があります。つまり、供給する紙をすべて古紙だけで作ることはできないのです。

紙の生産における環境負荷は、原材料だけでなく、製造工程も含めた全体で評価する必要があります。木材パルプから作られる紙と、古紙をリサイクルした紙では、製造工程が異なります。このためそれぞれを生産する場合のCO2排出量も同じではありません。
木材から新しく製造される木材パルプは、製造工程で発生する黒液(植物性廃液)をバイオマス燃料として使用できるため、化石燃料の消費量を抑えられるという特徴があります。
一方、古紙をリサイクルする場合は黒液の副生がないため、化石燃料を使用しなくてはならず、化石燃料の消費量は木材パルプのものより多くなります。具体的には、製紙連の報告では、古紙配合率1%増加でCO2排出量が0.54%アップするとされています。

これらのことから、古紙100%の再生紙を求めることは、本当の意味で環境にやさしいと言えないのです。
再生紙にはさまざまな種類がありますが、それぞれ使用目的などに応じた美しさや強度、印刷適正などが求められています。こうしたことを考慮しながら、それぞれの古紙の配合率、生産工程における環境負荷を考え生産してはじめて、環境にやさしい紙と言うことができます。

2016/5/18 更新

↑Top

Copyright© Spending cut idea collection. All Rights Reserved.